弁護士 鍛代 智弥(きたい ともや)

あらゆるリスクに備える

弁護士鍛代智弥

略 歴 神奈川県伊勢原市出身
県立小田原高校卒
早稲田大学法学部卒
趣 味 ソフトテニス・バスケットボール・バドミントン・将棋観戦
所 属 神奈川県弁護士会

小学生のころから夢は弁護士でした。弁護士もののドラマが好きだった影響もありますが、企業の中で働くよりは、「困っている人に対して自分一人で何でもできる人になりたい」、その思いをずっともってきました。一人で何でもできるようになることは難しいですが、そのための努力は惜しみません。例えば、判例や法理論を学ぶ時間をとても大事にしています。学生時代は通学に長時間かかっていたのでその時間を利用し、現在は付き合いの飲み会はほどほどにして、力や知識をつけるために時間を使っています。

相談者や依頼者に対して大事にしていることは、あらゆるリスクを想定し、備えることです。依頼者の気持ちに寄り添うことは、弁護士でなくともできます。話をよく聞き、気持ちを理解したうえで、想定し得るリスクを全てお話ししています。そのうえで、リスクへの対策をお話ししていきます。不安や心配事を抱えて来ている方に、裁判官ならどう考えるかという視点から常に冷静かつ理性的に全体を見るように心がけていますね。

昔からずっとスポーツをやってきました。ソフトテニスやバスケットボールなど球技が好きです。ソフトテニスでは全国大会優勝を果たしました。負けず嫌いなので、小学生のころは負けたら涙を流すこともよくありました。身近に能力がある人がいると負けたくないという思いが強くなり、ライバルがいると気持ちに張りが出ます。常にまだ上を目指せるという思いで、日々研鑽を積んでいます。

サブコンテンツ

インフォメーション

このページの先頭へ