教えます!保険会社との戦い方

弁護士松村英樹が保険会社に負けない秘策教えます!

「なるべく早くすませてしまいたい!」
「お金はできるだけ支払いたくない!」
それが保険会社のホンネです。保険会社はあらゆる手段で示談に持ち込もうとします。

でもちょっとまって!保険会社の言うとおりにして大丈夫?あなたが損をしないための対抗策を、弁護士 松村英樹がお教えします!

「そろそろ症状固定したらどうですか?」

簡単に妥協してはいけません!しっかり治療することが大切です!

弁護士 松村英樹

保険会社にとっては、通院が長引けば長引くほど、支払わなければならない治療費や通院慰謝料の額がかさみます。早く治療を終わらせてほしい・・・それが保険会社の思惑です。そのため、ある程度通院したところで、保険会社は必ずといっていいほどこのように言ってきます。

でもここで簡単に妥協してはいけません。症状固定してしまったあとの治療費は、保険会社は支払ってくれません。そのため治療費を自腹で支払わなければならなくなることをご存じですか?

まだ治療を続ける必要があるのならば、保険会社からの症状固定の提案はしっかり断り、病院で適切な検査をし、しっかり治療しましょう。

「症状固定にして、後は後遺症認定の申請をしたらどうでしょうか? 症状が残っていれば後遺症認定されると思いますよ。」

痛い=後遺症認定 とは限りません!

弁護士 松村英樹

まだ痛くて治療中なのに症状固定と言われた、という相談はよくあります。気を付けていただきたいのは、痛いからといって、ただちに後遺症が認定されるわけではないということです。

保険会社はよく、「痛い=後遺症認定される」と誤解させるような口ぶりをしますが、後遺症認定に過度に期待してはいけません。保険会社のねらいは、症状固定させて、もうそれ以上治療費を支払わなくてすむようになることなのです。

痛くて治療中なのに後遺症認定に期待して治療を打ち切った、結局後遺症は認定されなかった、というのはあまりに悲惨です。

「治療費打ち切りますよ。」

主治医に治療の必要性を確認してください。

弁護士 松村英樹

おどしとも取られかねないこの言葉。しかし症状に変化がみられ、治療が必要である限り、治療費の請求は可能です。

症状固定してしまってからの治療費は、あなたが支払わなければならなくなりますので、症状固定前に、病院で適切な検査を受け、しっかり治療しましょう。

万が一、治療費を打ち切られてしまいそうな場合は、弁護士に相談してみてください。治療費の支払期間を延長させられる可能性あがります。

「通院回数を減らして下さい。」

適切な治療を受けるために通院していることを堂々と主張してください。

弁護士 松村英樹

ありえない!と思われるかもしれませんが、このようなことを言ってくる保険会社が実際にいたようです。しかし、治療のために必要な通院であれば、それは保険会社が口出しできることではありません。医師の指示のもと、適切な治療を受けるために通院していることを堂々と主張してください。

当事務所に依頼された場合、一切の保険会社との連絡は弁護士が代理で務めます。保険会社とのやりとりが面倒、わずらわしいとお考えの方、一度ご相談下さい。

「加害者に連絡しないでください。連絡したら犯罪になりますよ。」

加害者に連絡することが犯罪になるという事実はありません。

弁護士 松村英樹

もちろん、脅迫したり強要したり暴力をふるったりするのはいけませんが、加害者に連絡すること自体は、法律上何ら禁止されていません。加害者に連絡したら犯罪になるというのは大嘘です。

保険会社は、何かにつけて、本来被害者である立場の人間を加害者扱いしようとしますが、保険会社の言うことを聞いてばかりいても何も解決しません。

「同意書にサインしてください。」

内容をよく確認しないまま同意書にサインすることは危険です!

弁護士 松村英樹

同意書ってなんのこと?よくわからないのだけど、書いてしまっていいのでしょうか?というご相談はよくあります。

「医療照会の同意書」であれば、それは保険会社が病院から情報提供を受けて、治療費を支払うために必要な書類ですので、一般的な内容である限りは、書いてしまっても問題はありません。

しかし、内容をよく確認しないまま同意書にサインすることは危険です!同意書に記載されている内容が適切なものか?サインしてしまって本当に大丈夫か?不安に思われる方は、一度ご相談下さい。

「保険会社の判断です」

「保険会社の判断」を気にする必要はありません。

弁護士 松村英樹

保険会社はよく「保険会社の判断です」と発言します。まるでさからいようのない大きな力で決められてしまったかのような言いぶりですね。

しかし「保険会社の判断」なんていうものは、裁判所の判断でも医師の判断でもありません。このようなことを言われたとしても、それを気にする必要はないのです。こんなことを言って圧力をかけてくるような保険会社に惑わされてはいけません。

「自賠責基準です」

弁護士が介入すれば、増額の可能性もあります。

弁護士 松村英樹

保険会社はよく賠償額の提示の際に「自賠責基準の満額です」などと言ってきます。よくわからないままにこう言われてしまうと、もうこれ以上賠償金をもらうのは無理なのかな?と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、裁判をやって受け取れる賠償金の額(裁判基準の額)と自賠責基準の額は違います。ほとんどのケースでは、裁判基準の額の方が高額です。弁護士が交渉に入ると、少しでも多くとれるように交渉を行います。弁護士が交渉した結果、裁判基準の額を取れる場合もあります。

自賠責基準の額とは、相手方が任意保険に入っていても入っていなくても、自賠責保険から支払われる金額です。任意保険会社は自賠責基準の額だけを支払うのであれば、懐が痛みません。

自賠責基準の満額しか提示してこない保険会社に対して、免責証書を送る前に、必ず専門家にご相談ください。

保険会社がしつこく連絡してきてわずらわしい・・・

わずらわしいと思わせるのが保険会社のねらい?

弁護士 松村英樹

仕事中でも忙しい時間帯でもかまわずしょっちゅう連絡してくる保険会社。わずらわしいから示談してしまおうか、症状固定に了承してしまおうか・・・と考えられる方も少なくないようです。

しかしそれではいけません。わずらわしいと思わせて、示談させることが、保険会社のねらいであるといっても過言ではありません。ながされて示談や症状固定に同意しないように気をつけて下さい。

ほかの病院に通っていいか聞いたら拒否された!

保険会社に反対されても、遠慮する必要はありません。

弁護士 松村英樹

ほかの病院へ通ってもいいか保険会社に聞いてみたら、反対された。そのような経験はありませんか?

保険会社は、できるだけ早く解決したいと考えています。あなたがほかの病院に行ったら、またいちから検査することになる。そうなったら初診料もかかるし、あらたな治療を始められたらまた治療費もかかる・・・できれば今の病院ですみやかに治療を終えてもらいたい・・・。そのような考えで、保険会社は、病院替えを反対したのかもしれません。

しかし、通院中の病院で納得のいく治療が受けられず、症状の改善もみられなかったら、ほかの病院に通うことは、当然のことです。保険会社に反対されても、遠慮することはありません。あなたが納得のいく治療をしっかり受けて下さい。

サブコンテンツ

インフォメーション

  • 保険会社との戦い方を交通事故に強い弁護士に無料相談!!

    交通事故無料相談受付中

    保険会社の言うとおりにして大丈夫?マイタウン法律事務所では、あなたが損をしないための対抗策をお教えします。ご相談料金は無料。事故の種類は問いません。お問い合せはこちらまで。

  • 交通事故無料個別相談会

    交通事故無料個別相談会

    マイタウン法律事務所では、神奈川県・東京都の各地で、交通事故無料個別相談会を開催しております。お住まいにお近くの会場で、無料でご相談いただけます。この機会に是非ご利用ください。

  • 交通事故主任弁護士 インタビュー

    交通事故主任弁護士インタビュー

    交通事故相談実績年間300件超を誇るマイタウン法律事務所の交通事故部門主任弁護士 小林芳郎のインタビューです。

このページの先頭へ