交通事故の後遺障害を主任弁護士小林芳郎がやさしく解説

「後遺障害って、交通事故ではよく聞く言葉。でも難しい言葉がならんでよくわからない・・・。」そんな声にお応えして、後遺障害について、主任弁護士 小林芳郎がわかりやすく解説します。

後遺障害ってなに?

交通事故で負ったけがの治療が終わったあとでも、体に痛みやしびれなどの障害が残っていることをいいます。

交通事故主任弁護士小林芳郎が後遺障害を解説

「痛みやしびれが残っているのに治療が終わるってどういうこと?」と思われる方も多くいると思います。

治療は、すべてのけがが完治するまで行われるとは限りません。「これ以上治療をしても、症状がこれ以上よくならない状態」に達すると、治療は、けがの改善につながらない行為ということになります。この状態のことを、一般的に症状固定と呼びます。

▼「症状固定」の詳しい説明はこちら▼
症状固定した時に、残ってしまった症状に応じて、後遺症の程度を判定します。通常は、後遺障害診断書に記載された症状固定日を前提に考えます。ただ、医学と法律が交わる部分ですし、生身の人間の体について、それほど明確な判断ができると限らないので、具体的事案で、いつを症状固定とするかは、難しい問題になることもあります。

後遺障害で賠償金をもらうにはどうしたらいいの?

後遺障害等級認定を受けましょう。

交通事故主任弁護士小林芳郎が後遺障害を解説

「後遺症が残ったから、だまっていても賠償金がもらえる!」と思われている方。そうではありません。後遺障害の賠償金を受け取るためには、後遺障害等級認定を受けるとよいです。

後遺障害等級認定を受けられなかった場合でも、裁判で、後遺障害部分の賠償金が認められることもまれにありますが、等級認定を受けておいたほうが、ことがスムーズに進むことは間違いないです。

サブコンテンツ

インフォメーション

  • 後遺障害を交通事故に強い弁護士に無料相談!!

    交通事故無料相談受付中

    「痛みが残っているけど、賠償金をもらうにはどうしたらいいの?」「症状固定していないけど、相談に行ってもいいの?」というご質問は大変多いです。 マイタウン法律事務所では、症状固定前でもご相談可能です。「後遺症が残ってしまいそうで心配。」「治療中でこの先どうなるか分からず不安。」などとお悩みの方、一度ご相談にいらしてください。お問い合せはこちらまで。

  • 交通事故無料個別相談会

    交通事故無料個別相談会

    マイタウン法律事務所では、神奈川県・東京都の各地で、交通事故無料個別相談会を開催しております。お住まいにお近くの会場で、無料でご相談いただけます。この機会に是非ご利用ください。

  • 交通事故主任弁護士 インタビュー

    交通事故主任弁護士インタビュー

    交通事故相談実績年間300件超を誇るマイタウン法律事務所の交通事故部門主任弁護士 小林芳郎のインタビューです。

このページの先頭へ