当て逃げ・ひき逃げの交通事故

交通事故弁護士が主婦の交通事故を徹底解説

交通事故の被害にあっただけでなく,さらに加害者が逃げてしまったいわゆる当て逃げ・ひき逃げの経験はありませんか。

交通事故の当て逃げとは?

交通事故の当て逃げとは,物損事故,すなわち被害者の自動車を壊す交通事故を起こした加害者が,現場から逃げてしまった場合をいいます。

まず,当て逃げの交通事故を起こした加害者には,道路交通法上,交通事故を警察に通報しなかった報告義務違反の責任が発生します。また,当て逃げ交通事故の被害者の自動車に修理費等の損害が発生していますので,被害者に対して損害賠償責任も負います。

ただし,加害者が逃げてしまって全く見つからない場合には,刑事事件として起訴することも,民事事件として損害賠償請求を行うことも,困難です。

交通事故のひき逃げとは?

交通事故のひき逃げとは,人身事故,すなわち被害者に怪我を負わせたり命を奪ったりする交通事故を起こした加害者が,交通事故の現場から逃げてしまった場合をいいます。

まず,ひき逃げ交通事故を起こした加害者には,道路交通法上,交通事故の救護義務違反と報告義務違反の責任が発生します。また,過失運転致死傷罪等の罪にも問われます。悪質という理由で,起訴猶予にはならず,刑事裁判に発展する可能性が高まります。

さらに,ひき逃げ交通事故の被害者が怪我を負う等の損害が発生ししていますので,被害者に対して損害賠償責任も負います。

ただし,加害者が逃げてしまって全く見つからない場合には,当て逃げの交通事故同様,刑事事件として起訴することも,民事事件として損害賠償請求を行うことも,困難です。

当て逃げ・ひき逃げにあったときの対処法

交通事故を起こしたのだから,当然加害者の車両が停止して対応してくれるだろうと油断した隙に,加害者が逃げてしまったというのが典型的なケースです。

まず,当て逃げ・ひき逃げの交通事故にあったら,必ず加害者車両のナンバー,車種,形状,色等の情報をメモしてください。普段からドライブレコーダーを搭載しておくのも有効です。

次に,速やかに警察と,ご自身の保険会社に連絡をしてください。可能であれば,交通事故現場で他に目撃者がいないか,近くに防犯カメラがないかを確認しましょう。交通事故に関する有力な証言や証拠が得られる場合があります。

当て逃げ・ひき逃げ交通事故を起こした加害者車両が特定できれば,加害者が見つかる可能性は高いと言えますが,目撃者も映像も残っていない場合は,難しいかもしれません。ご自身の保険や,政府保障事業の利用も検討しましょう。

当て逃げ・ひき逃げ交通事故の加害者が見つかった場合

当て逃げ・ひき逃げの交通事故を起こしておいて,現場から逃げてしまうような加害者ですから,通常の交通事故と比較して,相手との交渉も一筋縄ではいかない可能性が高いので,まずは弁護士に相談しましょう。弁護士が介入することで,起こしてしまった交通事故の刑事責任をきちんと負わせる,増額した慰謝料を請求する等の対応がとれる場合があります。

なお,当て逃げ・ひき逃げの交通事故を起こした加害者が任意保険に加入していない場合も多いので,そのような場合は,無保険車との交通事故も参照してください。

交通事故に強い弁護士に無料相談
交通事故弁護士に無料相談を問い合わせ 交通事故弁護士に無料相談予約は0120-918-862 交通事故弁護士に無料相談メールで予約

マイタウン法律事務所の弁護士は、依頼者それぞれのご要望に応えることを第一としています。弁護士費用特約対応可。ご相談だけでももちろんOKです。交通事故に関する知識・経験の豊富な交通事故弁護士に、安心してご相談ください。

このページの先頭へ