交通事故の後遺障害を主任弁護士小林芳郎がやさしく解説

「後遺障害って、交通事故ではよく聞く言葉。でも難しい言葉がならんでよくわからない・・・。」そんな声にお応えして、後遺障害について、主任弁護士 小林芳郎がわかりやすく解説します。

眼の後遺障害

眼の後遺障害は、おおきく分けて眼球の障害まぶたの障害があります。

眼球の障害には、視力障害・調節機能障害・運動障害・視野障害・外傷性散瞳・流涙などがあります。

まぶたの障害には、欠損障害・運動障害 があります。

眼の障害が単独で生じることは少なく、脳や頸椎の損傷に伴って主張されることが多いですが、事故との因果関係を否定されないように、きちんと眼科に通う必要があります。

眼の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

目の後遺障害等級表

耳の後遺障害

耳の後遺障害は、おおきく分けて聴力障害耳介の欠損障害があります。

耳鳴り・耳漏も、その障害の程度によって等級が認定されます。

聴力のレベルは、数値によって測ることができるので、自賠責基準による検査を受けておく必要があります。

耳の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

耳の後遺障害等級表

鼻の後遺障害

鼻の後遺障害は、鼻の欠損障害があります。鼻の欠損をともなわない障害でも、その程度によって等級が認定されます。

鼻の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

鼻の後遺障害等級表

口の後遺障害

口の後遺障害は、そしゃく機能障害と、言語機能障害歯牙障害があります。このほか、嚥下障害(えんげしょうがい)味覚障害にも、その程度に応じて等級が認定されます。

歯牙障害については、事故以前に喪失または欠損している部分は含まれません。

口の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

口の後遺障害等級表

上肢(手や腕)の後遺障害

上肢の機能障害には、骨折・脱臼・神経麻痺などが原因で起こる欠損障害・機能障害・変形障害などがあります。

可動域制限については、原則として他動値(外力で動かせる可動域の測定値)で認定されますが、まひや痛みで動かせない場合には、自動値を用いる場合もあります。

上肢の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

上肢(手や腕)の後遺障害等級表

下肢(足)の後遺障害

下肢の機能障害も、上肢の機能障害同様、切断・骨折・脱臼・神経麻痺などが原因で起こる欠損障害・機能障害・変形障害などがあります。

下肢の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

下肢(足)の後遺障害等級表

醜状障害(露出して見える部分の傷跡)

醜状障害とは、頭や顔、首、手や腕(上肢)・足(下肢)(これらを総じて外貌といいます)など、露出してほかの人から見える場所に傷跡が残る障害のことをいいます。

以前は、この醜状障害は、男性より女性のほうが賠償額が高かったのですが、現在では、男女格差はなくなりました。

醜状障害は、機能障害ではないため、将来の逸失利益が争われるケースが多くなっています。

醜状障害の後遺障害等級は、下のアイコンをクリックしてください(別ページが開きます)。

醜状障害(露出して見える部分の傷跡)の後遺障害等級表

サブコンテンツ

インフォメーション

  • 目、耳、鼻、手足などの後遺障害を交通事故に強い弁護士に無料相談!!

    交通事故無料相談受付中

    マイタウン法律事務所では、さまざまな後遺障害にお悩みの方々のご相談に数多くお応えしてきました。交通事故の後遺障害に関するご相談を無料で受付中です。お気軽にお問い合わせください。お問い合せはこちらまで。

  • 交通事故無料個別相談会

    交通事故無料個別相談会

    マイタウン法律事務所では、神奈川県・東京都の各地で、交通事故無料個別相談会を開催しております。お住まいにお近くの会場で、無料でご相談いただけます。この機会に是非ご利用ください。

  • 交通事故主任弁護士 インタビュー

    交通事故主任弁護士インタビュー

    交通事故相談実績年間400件超を誇るマイタウン法律事務所の交通事故部門主任弁護士 小林芳郎のインタビューです。

このページの先頭へ